タイタンFXロゴ海外FXブローカーTITAN-FX口座開設しました!海外ブローカーの口座を開設したのは今回が初めてです海外FXブローカーといえば、日本国内のFXブローカーと違いレバレッジ25%の規制が無いためハイレバレッジで運用出来るのと追証無しのゼロカット方式などのメリットが有りますが、もちろんデメリットも有ります。


一番のデメリットは税制面だと思われます、国内FXブローカーを利用して利益が出た場合は分割課税で一律20.315の課税になりますが、海外FXで利益を得た場合雑所得として扱われるため総合課税となってしまいます、ある程度の収入が有る場合はかなり税金が高くなってしまいます。


とは言えハイレバレッジのため少ない証拠金で運用出来るのと、万一の場合でも追証無しというのは魅力です、特にレバレッジを高くして勝負しようということではなく1つの口座で複数のEAをポートフォリオ運用した際、証拠金不足になる心配をしなくても良いのがいいですね。


ケロ 左手上げ

色々書いてますが要は先日気になるEAでご紹介した、トレーディングオフィスのポートフォリオプロジェクトを購入しちゃったんでTITAN-FXの口座開設を開設したというわけです、後日運用成績を公開する予定です。



口座開設の手続き






1TAITANFX社のホームページで「口座開設」をクリックします。


2下記項目の個人情報を入力します。


お名前(名)  お名前(姓)  生年月日 (日/月/年)  Email   電話番号  


住所(町名番地)  郵便番号  住所(市町村  都道府県)  居住国JAPAN


姓名はローマ字入力です住所、町名と番地では海外式の表記なので番地⇒町名の順になります、郵便番号を入力して自動入力をクリックすれば市町村と都道府県は自動入力されます居住国は入力の必要は有りません。


3 セキュリティー設定を行います。


秘密の質問と答えの項目を設定(答えはローマ字)


パスワードを設定します(6文字以上の半角英数字で、パスワードの最初と最後は大文字を設定します。)


4取り扱い口座の設定を行います。


口座タイプ
スタンダードタイプかブレードタイプを選択します。

スタンダード口座は、取引手数料無料のSTP(Straight Through Processing)アカウント。Titan FXの最新テクノロジーにより、全注文がディーリングデスクを介さず(NDD)、リクォートなしで発注されます。スタンダード口座は、Metatrader4上でインターバンクのスプレッドにアクセス頂ける機関レベルのSTP口座です。
また、独自のネットワークにより銀行50行の他、弊社のダークプールリクイディティ(流動性)へのアクセスが可能です。


ブレード口座は1ロットあたり、わずか$3.5の手数料で、0pips~業界最狭水準のスレッドにてお取引頂けます。
itanFXのECN(電子商取引ネットワーク)は、ニューヨークのEquinix NY4ファイナンシャルデータセンター内に置かれ、複数の流動性プロバイダーと共に電子商取引を行っています。
ブレードアカウントでは、複数の投資銀行やヘッジファンドにより提供される機関レベルの流動性にアクセス頂くことが可能です。



ケロ 左手上げ

スタンダードタイプは手数料無料の口座です、ブレードタイプは手数料有りですがスプレッドはすごく狭いです、運用する資金量が多い場合はブレード口座の方が有利と言われます。




口座基本通貨を選びます、各種通貨が選べますが通常USDかJPNを選びます。


レバレッジを選びます、1:1から500:1まで選べます。


5各種ガイド文章に同意します(下記の項目に同意します)


・金融サービスガイド(FSG)を全て確認し、その内容を充分に理解しました。


・金融商品開示文書(PDS)を全て確認し、 その内容を充分に理解しました。


・取引条件を全て確認し、その内容を充分に理解しました。


・マージン商品の性質およびそれに伴うリスクを充分に理解しました。


各種項目を読みすべての項目にチェックを入れます。


6口座の承認を行います。


TITN-FXよりメールが届きますのでメール内のリンクをクリックし承認ページに移動、承認します。


ケロ 両手上げ

これだけで口座開設は完了です、海外FXブローカーといってもすべて日本語なので簡単です3分位で完了しました、日本のブローカーのように免許証やマイナンバーカードなどの登録は必要ありませんただし出金する時には免許証と保険証かマイナンバーカードが必要です。


ココミ

今回ケロちゃんが開設した口座はどっちのやつ?


ケロ 笑

今回開設したのはスタンダード口座のレバレッジ200:1です、とりあえず少額資金で運用したいと思います。